蛇足

アクセスカウンタ

help RSS 06月06日 もんむすくえすと! 終章 攻略メモ 1

<<   作成日時 : 2013/06/06 12:16   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 おーらいおーらい。僕と皆さんの仲だ、見切り発車でもいいよね?
(キューピッドからトリニティまで)

 オープニングは体験版の通り。前章・中章で通った都市や国の危機が列挙されてから、戦闘になる。

・キューピッド(おねだり可能技・5)
 再掲。
 とりあえず(いつもどーり)「なすがまま」を繰り返して、素の攻撃力と行動パターンを確認する。で、反省会で勝ち方と負けパターンを教えてもらうのだが……アンタ何やってンの、ドS様?
 えーっと。キューピッドは、ダメージが320前後の「エロスハンド」、330前後の「キューピッドフェラ」、360前後の「アモルパイズリ」を通常技として使ってくる。
 また、登録されない「キューピッドアロー」を受けると、ダメージは受けないが恍惚状態になって行動できなくなる。こうなると、1ターンに360前後のダメージを2回受ける「パイズリテンプテーション」で、HPがゼロになるまで搾られ続けてそのまま負ける。パイズリで昇天させてくれるなんて本当に天使としか思えない。清楚ではないが神聖だ。
 本音はさておき。もうひとつ、登録されない「愛天使の拘束」もダメージはないが、文字通り拘束状態になる。「こうげき」でも「もがく」でも抜けだせず、次のターンには280前後のダメージを受け続ける「愛天使の淫欲」で負けることになる。
 反省会でドS様に教えてもらえるが、負けパターンは以上2つ。正確には「テンプテーション」のあとも「淫欲」での負けパターンに進行するが、即死技という特性上このふたつ両方を受けて負けるのはできないので、大人しく2回搾られること。
 勝つ場合は、初手でノーム召喚。いくらHPが1600まで増えているとはいえ、さすがにダメージが大きいので守備力優先。また、ノームを呼んでいれば「もがく」で「愛天使の拘束」から逃れられるようになる。次のターンでシルフも呼べば、「キューピッドアロー」も回避できるようになる。
 あとは「こうげき」を続けるなり「わざ」で速攻するなり、好きなように攻めていい。ダメージはそこそこ大きいので、HPが800を割ったら「瞑想」するのが安全だが、スペックは高くないので攻勢に出れば怖い相手ではない。

・ヴァルキリー(おねだり可能技・7)
 地上最高クラスの腕前って……そうは思えんのだがなぁ。
 こっちは「なすがまま」していると、すべてのおねだり可能技が満たされない。初手シルフで回避率、次のターンにはノームでディフェンスをかためること。
 ダメージはノームなしでのものだが、とりあえず使ってくるのが370前後のダメージを受ける「戦乙女の手撫」、380前後のダメージを受ける「戦乙女の天羽」、360前後のダメージを受けて拘束される「戦乙女の抱擁」。このうち「抱擁」は抜けないとそのまま締め落とされるが、この段階ではノームなしでも「もがく」で脱出できる。
 ヴァルキリーに5000くらいダメージを与えると兜が外れ、390前後のダメージを受ける「戦乙女の口嫐」を使ってくるようになる。さらに、ダメージをもう5000(累計1万)与えると、今度は鎧も脱いで裸になる。この辺りでいったんセーブしておく。
 鎧を脱ぐと使うようになるのが、240前後のダメージを3回受ける「戦乙女の胸慰」、400前後のダメージを受けて拘束される「戦乙女の素股」。「素股」はノームを呼んでいないと「もがく」でも抜けだせず、延々と「素股」でHPを減らされた挙げ句「戦乙女の嫐壺」を受けて即死するので、まずはコレで負けておく。
 すげえ悔しいが負けパターンはひとつきりなので、パイズリされる必要がない。
 腹いせに勝つ場合は、さっきのセーブデータから再開する。反省会ではウンディーネと云われるが、シルフで充分回避できる。ノームも呼んで被ダメージも減らし、「瞑想」しながら攻撃を当てていく、基本スタイルで充分。ただし、被ダメージが小さくないのと、けっこうHPも高いので、やはり主人公のHPが半分を割ったら回復するように。

・大天使アリエル(おねだり可能技・6)
 事実上の本戦。前ふたりがホントにザコだったと思える相手になる。
 先のヴァルキリーと字面は大差ないがダメージが大人げないモノを使ってくる。610前後のダメージを受ける「大天使の手淫」、620前後のダメージを受ける「大天使の口淫」、630前後のダメージを受ける「大天使の羽淫」、340前後のダメージを今度も3回受ける「大天使の乳淫」とかなり凶悪。
 「大天使の抱擁」はひと回り低くて560前後のダメージだが、コレを受けると恍惚になって数ターン行動できないので、タイミングが悪いとそのまま負ける。登録されない「アークボルト」はダメージがないが、これを受けると麻痺して、そのまま死ぬまでダメージ590前後の「大天使の凌辱」の凌辱を受け続けるので、とりあえずコレで負ける。
 強敵ではあるがやること、というよりできることは限られている。初手でシルフ、次にノームを召喚して防御をかため、ダメージを与えていく。シルフの回避率がかなり頼りになるのと、ノーム付きなら「乳淫」のダメージも500前後まで減らせるので、少し強引に攻めてもいい。

 アリエル戦後、イベントが起こってアリスと精霊を失うので、とりあえず、プロメスティンの凌辱回想2として登録される「諦めて降伏する」からのゲームオーバーを見ておく。「それでも抵抗する」を選べばイベントが進行して、レミナの地下施設で戦闘になる。

・実験体S−2(おねだり可能技・5)
 主人公サイドに久しぶりなわざが並びましたー。
 ここまでの戦闘と比べてだいぶダメージは落ちているが、厄介なことに通常攻撃は吸精技。180前後の「吸精おしゃぶり」、190前後の「吸精胸愛撫」、200前後の「吸精触手」を受けると、被ダメージの分だけS−2のHPが回復する。とはいえノームはいないのでダメージは減らせない。
 「バブルズシェイク」は120前後のダメージを2回受けるが、これは吸精されない。が、拘束されるのでとっとと「もがく」で抜けだすこと。2回もすれば抜けられるが、間にあわないと「バブルズヘブン」で210前後のダメージを死ぬまで受け続けるので。
 負ける場合は「ヘブン」でいい(同上)として、勝つ場合は速攻に訴えた方が早い。「シェイク」の来る度合にもよるが、「頭蓋斬」辺りを中心にわざを連打していれば「瞑想」なしでも押しきれる。「こうげき」でのSP回復のタイミングは慣れで判断するが、SPを回復にまわして慎重に行くなら長期戦になるのを覚悟すること。

・実験体A−3(おねだり可能技・5)
 目隠しの天使……と思ったらメガテン4買ってないな。DS持ってないけど。
 それはさておき、今回は吸精技をもっていない相手なので、戦闘そのものはさっきより気が楽。220前後のダメージを受ける「淫舌ストローク」、240前後の「猥胸プレス」、250前後の「凌辱テンタクル」と、多少攻撃力は上がっているが相手が回復するわけではない。
 登録されない「インモラルホールド」にはダメージがないが、コレを受けると拘束され、抜けだすまで170前後のダメージな「インモラルレイド」を受け続ける。今度も「もがく」を繰り返していれば抜けられるが、抜けだすのに3回「もがく」がいるので、HPの残量には注意。
 もうひとつ、登録されない「インモラルフェルノ準備」を使われた次のターンは「ぼうぎょ」しないと、「インモラルフェルノ」で拘束され死ぬまで210前後のダメージを受け続ける。
 ひと通り受け終わったら「インモラルフェルノ」で負けておくが、勝つ場合でも吸精技がないので長期戦は避けられるはず。準備があるので「フェルノ」対策はできるだろうから、「ホールド」からの「レイド」だけ注意すれば手間取る相手ではない。

 さて、勝つとすばらしーアリスに出会えるのでこの辺のセーブは温存必須。いや、この先しばらくこの恰好ならセーブするまでもなくぷりちーなアリスをたんのーできるのか? んー、いやいや。

わかめプロメスティン(おねだり可能技・6)
 寄せ植えからわかめが生えている異様な姿です。髪の毛にいいらしいよ。
 かなり強力だがそれ以前に厄介な相手で、ダメージの振れ幅が大きい。「アンスタンネ」は500くらいから600近く、「ソフィティネス」は550くらいから590くらい、「スゥイード」は550くらいから610くらいと、通常攻撃を何発受けられるか計算が難しいので、多少早めの回復をした方が安全だろう。また、「ローパ・アンフィ」も下は350くらいから上は430くらいを2発受け、これが吸精技なので要注意。
 ダメージを受けてHPが700を割ったら「瞑想」しないで「こうげき」でもしておく。HPがこのラインを割っている状態でプロメスティンのターンになると、ウンディーネはいないが「明鏡止水」が作動する。いったんセーブしておいて、ここからの2ターンで「瞑想」を繰り返しHPを全快しておく。
 で、プロメスティンが登録されない「風精召喚」をしたら、次のターンは「なすがまま」で「スゥイード・テンダネス」を受けて拘束されること。この状態でしか「スゥイード・テンペランス」は使ってこないが、そのまま「テンダネス」で押しきられることも多いのでHPを回復しておいてターンを長引かせる。それでも「もがく」は2回が限度だが、「テンペランス」が来ない場合はセーブデータからのやり直し……もとい、やられ直しで。
 めでたく「テンペランス」で討ち取られたら、セーブデータをロードして今度こそ勝つ。といっても、反省会で云われるように、できることは少ない。「風精召喚」を使われた次のターンは「ぼうぎょ」、「明鏡止水」のためのSP2を温存しながら、回復を欠かさないようにダメージを与えていく。長期戦は必至だろう。
 なお、この戦闘では、主人公の行動の次に、アリスが300くらいのダメージを与えてくれる(主人公が拘束されていなければ、だが)。ピラミッドでのサラ様のことを思い出し、トドメはアリスに譲ること。「冒険の記録」に「封印状態のアリスが敵を倒した」という項目があるので、早めに済ませておく。「風精召喚」後に負けているなら「ジルフィで強化された敵に倒された」もフォローされている。

 プロメスティンを取り逃がすと事態は急転。イリアスヴィルに舞い戻り「形見の指輪」の装備が外れて戦闘になる。

・大天使ラナエル(おねだり可能技・6)
 何でもくっつければいいってモンじゃないと思います。
 「わざ」が怖いことになっているのだが、とりあえず使われるのは、290前後のダメージを受ける吸精技「ドレイナ・ビナ」、310前後のダメージを受ける「メルディファイン」、220前後のダメージを2回の「メデュス・ヒエル」、220前後だがこちらは3回の「クラケス・メナス」。
 登録されない「のしかかり」をされたら、次のターンでは「もがく」すること。でないと「レイ・ハイネ」で落とされる。同じく「アルナ・プリンシパリティ、いくわよー」と云われたら、次のターンは「ぼうぎょ」しないと「アルナ・プリンシパリティ」で負け確定。どっちかで負けておくが、負けパターンは4分岐するのでひと通り見ておく。
 勝つ場合だが、覚えたての「堕天舞踏」をまず使用。反省会で教えてもらえるが「明鏡止水」より天使系と相性がいいので、「のしかかり」を含む攻撃をある程度回避してくれる。過信はしないのが安全だが、他のわざの手ごたえを試しながらダメージを与えていき、ラナエルのHPをある程度(与ダメージ累計15000くらいが目標)減らしたらSPを8溜める。「いくわよー」と云われた次のターンに「明けの明星」を使えば「冒険の記録」の「敵の溜め技にカウンター技を発動させた」をフォローできる。

 そんなワケで、だいたい予想できていた事態が判明すると、胡乱な腹の探り合いを見てから隠れ里エンリカに移動。もちろん、戦闘になる。

・キメラタン(おねだり可能技・6)
 キメラたん? ……あ、舌か。
 えーっと、使ってくるのはダメージ280前後の「群れ舐め」、300前後の「絡み舐め」、310前後の「乱れ舐め」、320前後の「溶かし舐め」、ここまでいずれも単発。「巻き舐め」は290前後のダメージを受けて拘束されるが、拘束後の「巻き舐め」は170前後のダメージが2発に変化する。
 「もがく」3回で抜けだせたが、拘束されていると120前後のダメージを5回受ける「地獄舐め」を使ってくるので、そこまで耐えられるかかなり微妙。とりあえず、ひと通り受けたら「地獄舐め」でいいので負けておく。
 勝つ場合は、初手「明鏡止水」だが、あまり回避率は高くない(体感)。いちおう張り直しと「瞑想」用のSPは確保しておいて、ゆっくり責めるのが安全。「巻き舐め」さえ回避できれば怖い相手ではない。

・天使兵(おねだり可能技・5)
「天使達にまで輪姦されてしまうとは……
 おっぱい大好きなあなたには、思わぬご褒美だったかもしれませんね」
 まったくもって、おっしゃるとおりであります、ハイ
 相手は4人がかりだが、今までのように1ターンで4回とは限らない。いや、そういう技もあるが、4人で1回か、2人ずつで2回か、1人ずつで4発か、になる。「エンジェル集団パイズリ」で云えば、530前後を1発か、250前後を2発か、130前後を4発か、ということになる。
 以下、「エンジェル集団フェラ」は120前後を4発か、240前後を2発か、470前後を1発。「エンジェル集団足コキ」は110前後を4発か440前後を1発。「エンジェル集団手コキ」はダメージ1か、ダメージ1が2発。「足コキ」のダブル、「手コキ」のシングルは受けたことがない。つーか、「手コキ」のダメージは何事だ。「エンジェル集団アイテム」は1人ずつで4発のパターンしか受けたことがなく、ダメージは140前後が4回。
 とりあえずパイズリで負けろ。とにかくパイズリで負けろ。他の負け方は許さん。イリアスが許してもオレが許さん。
 勝つ場合だが、初手で「堕天舞踏」。けっこういい感じに回避してくれる(僕の場合は被ダメージが結局2、ダブルの手コキだけ)ので、反省会でイリアス様が云われるように、速攻に出た方が早い。怖いのは人数とおっぱいだけで、強くはない。

・権天使ナガエル(おねだり可能技・6)
 ドキッ☆おっぱいだらけの天使軍団との心温まる戦闘が終わるのが惜しくてたまらん、チクショウ。病人だけど畜生って云ってやる。
 被ダメージとしては、先の戦闘よりちょいと控えめ。ダメージ330前後の「戒めの手淫」、340前後の「戒めの口淫」、350前後の「戒めの胸淫」はいずれも単発。「天罰の足躙」は220前後のダメージを3回受けるので、拘束後も含めてコレがいちばんダメージが大きい。
 登録されない「裁蛇の拘束」を受けると、文字通りで拘束される。この状態だと使ってくるのは、300前後の「裁蛇の罰締」と「裁蛇の罰舐」。「もがく」を3回で抜けられるので、その意味でもHPは700くらいを維持しておく。
 ひと通り受けたら「胸淫」辺りで負けていいが、勝つ場合はやはり初手「堕天舞踏」。以下、HPと回復用のSPを確保しつつの長期戦になる。相手のHPが高いので速攻に出るのは無茶だろう。

 ナガエルとの戦闘が終わると、ミカエラとたまもから状況説明を受けて、マップ移動画面になる。例によって推奨レベルが提示されているので、身の丈に合ったところから攻略していくのが無難だろう。意味はなさそうだがいちおうエンリカでひと通り情報収集してから、出発する。

イリアスベルク(推奨レベル・67)
 ちゃんと主人公を覚えているンだなー……と思えば、そんなに時間経ってないのか? そういえば。
 キメラスラッグを一蹴(戦闘にはならないが登録される)してから、戦闘になる。

・キメラテンタクル(おねだり可能技・5)
 一見してタコかと思った。
 見た通り拘束技を持っているが、その前に通常攻撃は、ダメージ290前後の「タクトレイン」、300前後の「タクトコイル」がいずれも単発で、「タクトテンペスタ」は110前後のダメージを4発受ける。
 登録されない「タクトロール」は240前後のダメージを受けて拘束される。拘束されてから使ってくるのが「タクトバインド」と「タクトフィエスタ」だがダメージは240前後で大差ない。抜けだすには「もがく」が3回というところなので、とりあえずどっちかで負けること。
 勝つ場合だが、ダメージそのものも高くはないが、拘束された場合抜けだすのに手間取るので、念のためHPは高めに維持するのが無難。「明鏡止水」である程度は攻撃を回避できるので怖い相手ではない。
 なので、戦闘コマンドで増えた「アリス」をスルーし、今のうちに「冒険の記録」の「アリスを変身させずに敵を倒した」をカバーしておく。

・大天使マリエル(おねだり可能技・5)
 いくらドS様でも云っていいことってあると思うンだ。
 えー、この戦闘では「アリス」での攻撃が通じません。さっさと「冒険の記録」を埋めておく予定だったのだが、見切り発車がたたったな……順番逆にするべきだった。
 それはさておき、攻撃はいずれも単発だがけっこう痛い。「エンジェルハンド」はダメージ370前後、「エンジェルフェラ」は380前後、「物足りないかも」と自称し「小さな胸」と書かれる「エンジェルバスト」でも390前後と足りなくないダメージなので、HPの残量には気をつける。
 「ヘブンズフット」は340前後のダメージを受けて拘束されるが、相手はロリで軽いのか「もがく」は2回で抜けられる。いちおう700くらいのHPを維持しておけば安全だろう。マリエルにアリスの魔法は通じないが、主人公への「回復の魔眼」なら効果があるので、窮地では頼ろう。
 こっちが申し訳なくなるちっぱい……もとい「エンジェルバスト」で負けて、「ヘブンズフット」でも踏み倒されれば、凌辱回想は両方拾える。勝つ場合は「堕天舞踏」必須。長期戦は避けられないので「堕天舞踏」の張り直しと「瞑想」のためのSP5は確保しながら、気長にダメージを与えていくこと。

 勝てばイリアスベルクでの戦闘は終わる。ひと通り情報収集するが、慰めてやれよ。ともあれ、先に進むことに。

ハピネス村(推奨レベル・68)
 ……こんなハーピーいたかな? と口に出しちゃいかんのだろうな、たぶん。

・キメラメデュラハン(おねだり可能技・7)
 だから、くっつければいいってモンじゃないと小一時間。
 基本2回攻撃で、デュラハンとメデューサがそれぞれ動く。デュラハンは、ダメージ160前後の「デュラハンの手淫」、170前後の「デュラハンの足嫐」、190前後の「デュラハンの胸慰」を、メデューサは190前後の1発か120前後を2発の「メデューサフェラ」、200前後の「メデューサヘア」を、使ってくる。高めに見繕っても450というところなので、あんがいダメージは低い。
 問題は同時に動く場合のふたつで、登録されない「石化の魔眼」を使われると文字通り石化し、320前後のダメージを受け続ける「蛇壺蹂躙」でそのまま負ける。また、こちらも登録されない「淫蛇拘束」は180前後のダメージを受けて拘束され、抜けだすまで、120前後のダメージを2発受け続ける「淫蛇蹂躙」で嫐られる。拘束は「もがく」が4回は必要なので、そのまま押し切られる可能性もある。とりあえず、コレで負けておくこと。
 勝つ場合は「魔眼」対策で、初手に「明鏡止水」を張っておく。これさえ防いでおけば、あとは「九重の羅刹」「こうげき」何度か「九重の羅刹」で、アリスの「オズマフロスト」でブチ抜ける。速攻でいい。
 いいけど、登録できなかったな。うーん?

 勝つと、キメラメデュラハンの上にキメラプリズンも登録されていたが、どのタイミングで登録されたかはチェックを逸した。ちょっと不覚。
 ともあれ、だから誰だお前は? なクイーンハーピーが現れて、先に進むことになる。

・トリニティ(おねだり可能技・4)
 待ってましたー! ヒャッハー!
 見て判るよーに1ターンで3回攻撃してくる。「至福の手淫」は150前後、「福音の口淫」は160前後、「悦楽の素股」は170前後、がそれぞれ3発ずつ来るので、HPは高めに保つのが無難。
 登録されない「昇天の拘束」にはダメージがないが、文字通りで受けるとそのまま拘束される。次のターンには160前後のダメージを2発受ける「昇天の胸愛」を使ってもらえるのに、拘束2ターンめ以降「昇天の胸愛」は1ターンで1発に減る。じわじわと喜ばせてくれるのだ。ああ天使様、ハレルヤ。
 とりあえずそのまま「なすがまま」で死んでしまえ。繰り返すが、イリアスが許さんでもオレが許す。最初から「快楽の十字架」が選べるなら「おねだり」でも……いや、もとい。
 まっこと残念でなりませんが倒さねばいけませんか? ダメですか、そうですか。個人的な都合で悪いのだが、この戦闘では僕の目になぜか「もがく」が見えないので、拘束されたらそのまま諦めてパイズリされてしまうこと。対処法なんか知りません。……あー、はいはい。判った判った。3回か4回で抜けられる。抜けるような不信心者には乳神様のお怒りが降りますように。
 むぅー、公式での発表以来心待ちにしていたトリニティとの愛欲ただれた戦闘がー。クアドラプルのふたつ上って何だっけ。ヒジョウに心苦しいのだが勝つ場合は、無念だが初手で「堕天舞踏」。攻勢で押し切るには被ダメージが大きすぎる(1ターンで少なく見ても450)ので、SPは回復にまわしての長期戦ベースが好ましい。今回も、アリスに回復だけはしてもらえるので、最悪の事態は(1度だけ)回避できる。

 勝ったらハピネス村も解放される。例によって各町村をひと通り回って情報収集するが、特に実のある情報はない。
 移動マップ画面から「セントラ大陸南に向かう(推奨レベル:69)」を選ぶと選択肢が出るが「セントラ大陸に向かう」で先に進むこと。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
06月06日 もんむすくえすと! 終章 攻略メモ 1 蛇足/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]